印刷可能枚数や費用も比較|中綴じ印刷は業者に依頼するとスムーズ

男女

自社名を覚えてもらう

グッズ

企業が自社の名前やブランドを広く顧客に知ってもらうため、もしくは自社の商品の購入を促すために、企業名やブランド名が入ったグッズを配ることがあります。それらは、無料で不特定多数の人に配るパターンと、ディーラーや購入者に景品という形でプレゼントするパターンなどがありますが、いずれにしても販促品と呼ばれています。無料で数多くの人に渡す場合は、誰でも用いるような道具や消耗品が喜ばれるため、文具が選ばれることが多いです。文具は肌身は出さず持っていることも多いので、社名やブランド名を覚えてもらいやすいです。販促グッズを扱っている業者があり、そこで大量発注することができます。社名やブランド名をどの製品にどのように入れるのかは考えておく必要があります。また、ロゴやマークを考えてくれるデザイナーがいる業者を選ぶこともできますが、デザイン料が付加されます。デザインが決まったら、費用を支払って、その後加工された製品が届けられます。費用は前払いになるので、見積書や請求書、そして納品書など必要な書類をきちんと作成してくれる業者を選ぶことが大切です。販促グッズは多くの人に手に取ってもらうことが大切です。無料だといっても不必要なものを身近に置く人は多くありません。何が効果的な販促グッズになるのか、知っておくことが重要です。販促グッズ業者の中には、どのような製品が喜ばれ、かつ独自性が溢れているか、アドバイスしてくれる業者もあるので、相談しながら販促グッズを決めることができます。