印刷可能枚数や費用も比較|中綴じ印刷は業者に依頼するとスムーズ

男女

汎用性の高さを重視

封筒

量産して広く使用

透明封筒を業者に発注して制作するときには汎用性の高さを重視すると活用の範囲が広がります。透明封筒は書類や簡単な商品をパッケージングするのに適したものであり、必ずしも郵送やメール便などの発送をする目的だけのために使用するものではありません。多くのオフィスでは中身が見える封筒として使用されているのは確かですが、それ以外にも取引先に書類を渡す場合や、イベントを実施した際に持ち帰り用の資料をまとめたり、配布資料をまとめたりする場合にも活用することができます。ある一つの目的に合わせてデザインを行った透明封筒を発注するのも決して悪くはありませんが、どのような場合にでも使用できるデザインにしておいた方が透明封筒のメリットが大きくなるでしょう。透明封筒が頻繁に利用されているのはパッケージングを行う材料として単価が安いからです。中身が見えるのもメリットであり、渡した相手に開封してもらわなくても中身を目にしてもらうことができます。この点を考慮すると単価をいかに安くするかを考えて手配するのは重要な観点になるでしょう。それを実現するための最も単純な方法が大量ロットで発注することです。社名と連絡先程度の情報を角に記載しただけを印刷したデザインにしておくとどのような場合でも名刺代わりに利用できます。汎用性を高めておけば使用頻度も高くなり、さらに量産して単価を下げていっても現場で有効活用されるようになるでしょう。