印刷可能枚数や費用も比較|中綴じ印刷は業者に依頼するとスムーズ

印刷

比較して選ぶ

印刷

見えない部分の違いがある

枚数の少ない冊子を作る場合、個人で作ることができます。紙をステープラーで留める方法なら、平綴じが簡単です。もう少し見た目を良くするなら、中綴じにしてみてはどうでしょうか。中綴じは紙を半分に折り、真ん中を留める方法です。平綴じと違いはりがねが目立たなく、完全に開ける特徴があります。中綴じをするには、ページの配置や印刷位置などの注意しなければなりません。中綴じ印刷のためパソコンの設定をしたり、何度か試し刷りをする必要があります。そんなときは専門業者に依頼すると、早くきれいに仕上がります。中綴じ印刷を依頼する業者を決めるには、情報取集が大切です。一番は、料金の比較です。見積もりを取ることで、料金や納期を確認します。加工などのオプションを付けることもでき、その追加料金の確認も必要です。中綴じ印刷は針金で留める構造のため、紙の枚数に限界があります。最大何ページの冊子を作ることができるのかは、専門業者の技術によって変わります。使用する紙の厚さや表紙に使用する紙の種類なども関係してくるので、何枚まで留められるのか確認します。過去に中綴じ印刷でどのような冊子を作ったのかなどの実績も、専門業者の比較ポイントです。印刷機やインクに、技術力によっても品質が変わることもあり、サンプルを用意できる業者なら、より安心できます。中綴じ印刷を業者に依頼する場合、このようなポイントについて調べたり比較したりします。

いつでも出せる準備を

名刺

名刺は、はじめての人と人をつなぐ接点であり、ビジネスチャンスを広げるためのツールです。名刺を渡す相手に強い印象を与えるためにも、コストを踏まえてインパクトのあるものを作成することが求められます。最近では、ネットで依頼することもできるので、問い合わせをしてみることです。

汎用性の高さを重視

封筒

透明封筒は郵送の目的だけでなく書類を渡すなどにも活用できるものです。様々な場面で使えるデザインにしておくと量産して単価を下げることができます。安くて頻繁に使用しやすいメリットを生かすには汎用性が重要なのです。